トピックス

ニュース

簡単!傘の撥水効果を復活させる方法!

今日も投稿をご覧いただきありがとうございます

ここ数日、茨城県水戸市は、梅雨空が続いています

みなさんは雨が降ったときは傘派ですかそれともカッパ派ですか

昔、遊園地に行った時、予報が雨だったので、傘を持って行ったのですが、

ずっと傘を持っているのがつらくなって結局カッパを買ったのを思い出しました(笑)

短時間なら傘で、長時間の場合はカッパが良いかもしれません(笑)

それぞれの良さがありますよね

傘は長期間使うと撥水効果が弱まりますが、それを簡単に復活させる方法があります

【傘の撥水効果を復活させる方法】

ドライヤーを当てる

ドライヤーの温風を当てる時間は、一箇所につき30秒くらいでOKです。あまり長く当ててしまうと、傘の布が傷むので注意してください。ドライヤーは、傘から10cmくらいはなして当てましょう。温風の効果があるのは、フッ素樹脂を使用した製品のみです。 ビニール傘にはドライヤーを当てないようにしましょう。温度によってはビニールが変色して破れてしまいます。

アイロンを当てる

アイロンを弱めに設定して当てても撥水効果を取り戻すことができます。アイロン台のうえでかけるときは、当て布をはさみましょう。熱が高すぎてしまうと、色落ちしてしまう場合もあるので、必ず「弱」で行ってくださいね。

防水スプレーでコーティングする

まず、スプレーの缶に使用できない素材が書いてあるので、確認しておきましょう。現在、傘の素材は、ほとんどがポリエステル製です。スプレーは、たいていの傘に使用可能ですが、ビニール傘には使用できません。スプレーには、石油系炭化水素が使われており、この溶剤がビニールを溶かしてしまうからです。

スプレーは、ベランダや庭などの屋外で使用します。傘本体から20cmほどはなして全体がしっとりするまでスプレーしてください。そのあと、傘が乾くまで陰干しをします。風通しのよいところで10分程度が目安です。

詳しくはこちら↓↓

出典:https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/5550

 

傘は破れたり、無くさない限り、なかなか買い替えないですよね

特にお気に入りの傘は長く使いたいものです

雨の日はちょっぴり憂鬱かもしれませんが、雨は雨の日なりの楽しみ方を見つけましょう

By めんこい

関連記事

タグ:
  • タグはありません