会社案内

企業理念・ビジョン

健康で美しく。免疫ライフ創造パートナー

免疫ライフとは『ヤクルト独自の乳酸菌の力で病気に負けない笑顔あふれる生活』のことです。「誰もが願う健康を、誰もが手に入れられるよう、誰もが手に入れられる価格で届けられるヤクルト」

この思想は「予防医学」「健腸長寿」と共に、ヤクルトの創業者・代田稔の哲学「シロタイズム」としてヤクルトの事業活動に脈々と受け継がれています。私たち水戸ヤクルトはシロタイズムに基づく『免疫ライフ』の実践により、笑顔あふれる幸せな健康社会をお客様と共に創造しています。

そして、何がお客様のお役に立てるのかを常に考え、お客様との信頼と絆を深めていくことにチャレンジし続けています。

「健康で美しく。免疫ライフ創造パートナー」をめざして

私たち水戸ヤクルトはおかげさまで来年、創業50周年を迎えます。ヤクルトの父、代田稔博士の健康への熱い思い・願いから生まれたヤクルトとヤクルト化粧品を、一人でも多くの方々にお届けしたいという強い信念で今日まで努力を続けてまいりました。
今日では担当エリアのお客様にヤクルトレディを中心に毎日約130,000本の乳製品をお届けさせていただいております。

私たちには、大切な企業ビジョンがあります。それは『免疫ライフ創造パートナー』というものです。『免疫ライフ』とは、ヤクルト独自の乳酸菌シロタ株の力で健康で笑顔あふれる生活を送るという意味の造語で水戸ヤクルトの商標登録です。人間の免疫をつかさどる細胞の多くは腸の中に存在しています。腸内環境を整えることこそが免疫を向上することなのです。『免疫ライフ』の普及を通じて地域のお客様の健康をお守りしたいと考えております。

さらに具体的な企業理念が『CEA'S(シーズ)』の推進です。
『CEA'S(シーズ)』とは以下の英単語の頭文字を使った水戸ヤクルト独自の造語です。 CS=顧客満足 ES=従事者満足 AS=地域満足・地域貢献、この3つを同時に充実していくことで地域の皆様から真に必要とされお役立ちできる存在であり続けられると確信しております。

これからも私たち水戸ヤクルトは地域の皆様の健康と美容のベストパートナーとして努力していくことをお約束いたします。

代表取締役社長 内藤 学

水戸ヤクルトのあゆみ

そもそも乳酸菌シロタ株って何?

すべては一人の少年からはじまった。

すべては一人の少年、代田稔(しろたみのる)の少年時代の決意から始まった。代田が子供のころからの日本は、まだ衛生環境が悪く、病原菌に感染した人が多く、治療さえ受けられずに亡くなった時代だった。

「病気になってから治療するよりも病気にかかりにくい体を作ることで人々を助けたい」

何年もかけて、約100種類の菌を詳しく調べ上げ、その結果、乳酸菌が腸内の悪い菌を抑えることを発見した。
研究を始めてからおよそ9年後、1930年(昭和5年)代田博士はついに胃液や胆汁にもまけない乳酸菌の強化培養に成功し、代田の名前をとって「乳酸菌シロタ株」と命名された。想いがこめられた特別な乳酸菌である。

誰もが「健康」を手に入れられるように

おなかに良い乳酸菌シロタ株を、毎日手軽にとれるように、代田博士は医薬品ではなく「飲み物」にした。「誰もが願う健康を、誰もが手にいれられるように」その願いが、今も商品に引き継がれています。

名前にも想いが込められ、「ヤクルト」はエスペラント語でヨーグルトを意味する”jahurto”(ヤフルト)を呼びやすくしたものです。代田博士は、世界で戦乱が続いていた当時、自ら作った乳酸菌がいつの日か世界に平和をもたらすよう願いを込め、国際共通語とされるエスペラント語で命名したのです。

品質方針

① お客様満足の向上を目指し、より良い製品、サービスの提供に努力します。
② 法令・規則の大切さを認識し、これを徹底尊守します。
③ 全員の力で、経営品質の向上にチャレンジし続けます。

2017年4月1日 水戸ヤクルト販売株式会社 代表取締役 内藤 学

会社概要

社名
水戸ヤクルト販売株式会社
本社所在地
茨城県水戸市谷津町1番地35 TEL : 029-251 -8960 FAX : 029-254-7276
https://mito-yakult.co.jp
創立
昭和40年4月(1965年)
資本金
3,000万円
代表者
代表取締役社長 内藤 学  代表取締役副社長 赤木 一成
事業内容
乳酸菌飲料および乳製品乳酸菌飲料・発酵乳・健康機能性食品・ジュース清涼飲料・麺類・化粧品の販売
従事者数
社員…130名 ヤクルトスタッフ…500名 その他パート…67名

アクセス

本社所在地
水戸ヤクルト販売株式会社
  • 茨城県水戸市谷津町1番地35
  • TEL : 029-251 -8960 FAX : 029-254-7276

沿革

昭和40年
常陸ヤクルト販売株式会社設立
昭和42年
水府ヤクルト販売株式会社を吸収合併 水戸ヤクルト販売株式会社に商号変更 代表取締役に相馬省二就任
昭和43年
水戸市住吉町に本店移転 老人ホームヘの「餅つき慰問」活動開始
昭和46年
石岡支店設置 水戸市を中心に6市7郡へ営業エリア拡充
昭和51年
代表取締役に内藤克之就任
昭和52年
独居老人宅を訪問する「愛の定期便」活動開始 「福祉ヤクルト」活動開始
昭和57年
代表取締役に赤木昭就任
昭和58年
NCS(ニューセンターシステム)第一号店として、赤塚センター設置
昭和62年
水戸市谷津町に新社屋完成。本店移転
平成6年
全センターにNCS化完成
平成8年
代表取締役に平沼賢治就任
平成12年
代表取締役に大関康男就任
平成19年
ISO9001:2000認証取得
平成20年
「子育て応援企業フォーラム」で子育て家庭応援部門優秀賞受賞
平成22年
代表取締役に内藤学就任
平成24年
㈱ヤクルト本社取締役に大関康男就任
平成25年
内閣府よりチャイルドユースサポート章受賞
平成27年
㈱ヤクルト本社東日本支店長に大関康男就任
平成28年
内藤学が茨城県教育委員に任命
平成28年
茨城県がん検診推進優良企業・団体表彰 優秀賞受賞