トピックス

ニュース

4月18日はガーベラの日

おはようございます。

4月も中旬に入り、

新生活の疲れが出始めてきた頃ではないでしょうか。

毎日お疲れ様です

 

先日街を歩いていたところ、お花屋さんで気になるブラックボードを発見しました。

最近は心に癒しを求めてお花を買うようになった筆者(笑)、

吸い寄せられるようにボードを見ると、

「4月18日はガーベラの日」という言葉と共に、

色とりどりのガーベラが並べられていました

人に安らぎや元気、わくわくやときめきを与えてくれるお花。

今回はそんなお花の中でもよく知られている

「ガーベラ」についてご紹介したいと思います。

 

なぜ4月18日?

4月18日は、ガーベラの国産品種の第1号が咲いた日、ということで、

正式な記念日として登録されているそうです。

また4月はガーベラの出荷の最盛期。

街の花屋さんでは春らしい色とりどりのガーベラが店頭に並んでいるのをよく目にしますね♪

ガーベラの元々の原産地は、

主に熱帯アジアやアフリカなどの温暖な地域。

こんなに可憐なお花が暖かい国の野原に咲いているのでしょうか…

ちなみに日本のガーベラの1番の産地は、静岡県の浜松市だそうで、

毎年150~200種類ものガーベラを栽培しているそうです!

ガーベラって、色や形が様々あるなぁとは思っていましたが、

まさかそんなに種類があるなんて…!!

 

出典:浜松市ホームページ
ガーベラの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

 

ガーベラの花言葉♡

ガーベラの花言葉は、

「希望」「常に前進」

様々な色や形をした陽気なガーベラの姿が、

人々を元気づけることにちなんで、このような前向きな花言葉がつけられたそうです

更にガーベラの花言葉は、その色ごとにつけられているそうです。

 

ピンク…「熱愛」「崇高美」「童心に帰る」

オレンジ…「冒険心」「我慢、忍耐強さ」

…「愛」「挑戦」

黄色…「究極の愛や美」「親しみやすさや優しさ」

…「希望」「律儀」

 

その色合いと花言葉の豊富さから、

メッセージ性を持って相手にお花を贈るときにガーベラはよく用いられているそうです。

例えばここ数日の新年度が始まった時期で言えば、

赤いガーベラを送ることで、

新たな事へ挑戦する人へのエールと見立てることもできるのではないでしょうか。

う~ん。

そんな粋なプレゼントをもらったら、男女問わず感動しちゃいそうですね!!

 

出典:【ガーベラの花言葉】ピンク色の意味や見頃の季節、花束に合う種類は?

 

ということで、本日は4月18日の記念日にちなんで、

ガーベラについてお届けいたしました。

18日はぜひ、大切な人、お世話になっている人、がんばっている自分に

思い思いのガーベラを贈ってみてはいかがですか?

ぜひその「花言葉」を添えて…

関連記事

タグ: