トピックス

ニュース

子供の体力無尽蔵の秘密が、今明らかに・・・!?

みなさんこんにちは!

昨年男児を出産し、てんやわんやの育休を終え、めんこいメンバーとして

復活させていただきました、新米ママ投稿者です!(笑)

今日は、育児あるあるをみなさんと共有したい!と思い筆を執らせていただいております・・・。

 

子供って、すんごくかわいいですよね。目に入れても痛くないとは

よく言ったもんですよ

おもちゃを掴めたー!寝返りをしたー!お座りできたー!

できることが日々増えて、こうやって少しずつ大人になっていくのね。と

ちょっぴりセンチメンタルになったりする日も無きにしも非ず。(笑)

ただ、ひとつだけ、言わせてくだされ・・・

 

なぜ、君たちはそんなにも疲れ知らずなのだ!?

 

うちの子は日中、保育園に通っているのですが

園では先生やお友達と楽しく遊んで踊って、よく食べよく寝て

それはそれはエンジョイしているそうです。

未だに朝のバイバイの時に泣かれたことがありません(それはそれでちょっと寂しい)

最近歩き始め、色々なものに興味が出てきてウロチョロするので

絶っっっ対疲れているはずなんです

にもかかわらず!!家に帰ってきても体力が衰えるどころか

なんか、復活していませんか午前中ですかってレベルで元気なのです。

これは幼児特有のなにか裏があるのでは?と思い、調べてみました

 

なんと衝撃の事実。子供の底抜けの疲れ知らずは科学的に証明されているそうです。

Journal of Frontiers in Physiology(2018年4月)記載の

クレルモン=オーベルニュ大学(フランス)のセバスチャン・ラテル博士の論文によると

「子どもは運動をする習慣のない大人よりも運動能力が優れており、さらに、

回復力においては日頃からトレーニングを行っている現役のアスリートをも凌駕している。

ですって!!!!!

その秘密は、子供の筋肉にあるそうな。

運動をするとどうしても筋肉に乳酸(筋肉痛の元)が溜まります。

それがたまり続けると疲労となっていくそうです。

子供の筋肉にはその乳酸などを除去する力が、普段から鍛えているアスリートを

超えてしまっている、との研究結果が出ているそうです。

子供って、すごくないですか・・・

驚きですよね。あのやんちゃが科学的に証明されているなんて

しかし、成長やホルモンのバランス、生活習慣の変化に伴い徐々に体力無尽蔵の子供たちも

私たち大人のように「疲れ」を感じるようになっていくのだそうです。

そういえば、私自身も学校終わりに友達と暗くなるまでドッチボールをしたり

鬼ごっこをしたり、疲れをあまり感じなかったなぁ、と思い出しました。

そんな子供たちについていくにはやはり、大人の私がまず体力をつけないといけません。

よし、今日から筋トレ頑張るぞー!!と気合だけは人一倍な筆者なのでした

byめんこい

関連記事

タグ:
  • タグはありません