トピックス

提供サービス

免疫力の強化をしたい・便秘解消したい方におススメ

ヤクルトの豆乳で

 

  • この世には「医者いらずな果物」と呼ばれているものがあるらしい・・・。
  • それはなんと、とってもなじみ深い「リンゴ」!!
  • リンゴに含まれるビタミンCは加熱しても破壊されない酸化型ビタミンC。さらに、整腸作用があるペクチンは加熱することによって、生のリンゴより働きが9倍アップするんです!
  • ただ温めて食べるだけじゃ洒落てないし・・・。そうだ!ヤクルトの豆乳で作ったカスタードクリームを使って、ヘルシーアップルパイ作っちゃいましょ♪

 

 

【材料(直径13cmタルト型1台分)】

・冷凍パイシート…1枚  ・溶き卵(できれば卵黄のみ)…卵1個分

・豆乳カスタードクリーム…適量(お好みで)

・りんごのコンポート…りんご(大)1個分

 

【豆乳カスタードクリームの材料】

分量

・ヤクルトの豆乳…200ml

・小麦粉…26g

・卵(全卵)…1個分 ・砂糖…30g

 

【りんごのコンポートの材料】

分量

・りんご(大)…1個

・砂糖…25g

・シナモンパウダー…適量

 

~下準備~冷凍パイシートを常温で10~15分置く。

半解凍したら、伸ばして型より、ひと回り大きくカットする。

※この時少し生地が余るように、大きめに伸ばし型に生地を敷く。余った生地は平たく伸ばして1cm幅の細長い紐を8本作る。

≪作り方≫

①リンゴをイチョウ切りに切って耐熱の器に入れ、500w~600wのレンジで3分温める。

その後、出てきた水分を取り除き、砂糖を入れてさらに3分レンジで加熱する。

加熱したらシナモンパウダーをお好みの量を振り入れ混ぜる。(りんごのコンポートの完成)

②ヤクルトの豆乳を、沸騰しないようにフライパンに入れ、とろ火~弱火で温める。

(ここでオーブンを200℃に余熱しておく)

③豆乳を温めている間に別のボウルで、卵(全卵)を泡だて器で混ぜ、さらに小麦粉と砂糖を入れて混ぜる。

④②の温めた豆乳の入っているフライパンに③を入れ、手早くヘラで混ぜる。クリーム状になればOK。

(カスタードクリーム完成)

⑤型に入っている生地の上にお好みの量のカスタードクリームを敷きつめ、その上にコンポートを乗せる。

⑥紐型の生地を格子状に編み込み乗せる。

⑦パイ生地に溶いた卵黄を良く塗り200℃のオーブンで20~25分焼き完成♪

関連記事

タグ: