トピックス

ニュース

虹🌈は7色ではない!?!?

みなさん、ごきげんよう早いもので、今日から7月

2020年も残り半年ですねぇ~

とはいえ、関東地方はまだ梅雨明けしていませんので、雨が降ったり止んだりしています

雨上がりの空には、ごくまれに虹🌈が見えたりしますよね

私が最近見たのは、朝の出勤時でした

思わず、「今日は何かいいことありそう…」とつぶやいてしまいました(いたって普通の日でしたが笑)

虹って見た人をハッピーにする力がありますよね

日本では、虹といえば7色と答える人が多いと思います

ですが、世界では様々な表現をするそうです(画像HP:https://weathernews.jp/s/topics/201807/240205/)

(ウェザーニュースより)

同じものを見ているはずなのに、面白いですよね

南アジアの2色にはびっくり(笑)

サイトによると、バイガ族は、明るい色(赤や黃など暖色系)を赤、暗い色(青や紫など寒色系)を黒とザックリ分けているようです。

同じ色を見ていても、その色を表現する言葉があるのか、ないのかで虹の色数も変わってくるんですね

 

そもそも、7色という定義付けをしたのは、万有引力の発見で知られるアイザック・ニュートンさんだそうです

ですので、これが正しいとか正解はありません

大事なのは、人の考え・表現を否定しないってことですね(急なまとめ笑)

自分だけのものさしや価値観で決めつけるのは良くないなぁと改めて実感しました

話を戻しまして・・・

みなさんも、雨上がりの空に虹を探してみてはいかがでしょうか

素敵な虹の写真待ってま~す

By めんこい

関連記事

タグ:
  • タグはありません