タグ:水戸市の記事一覧

ニュース

水戸市と「包括連携協定に関する協定」

令和2年10月1日に、水戸ヤクルトは水戸市と「包括連携協定に関する協定」を結ばせていただきました。

この協定は、水戸市と弊社が相互に得意とする分野を最大限に生かし、活用しながら、

健康増進に関することをはじめ

安全・安心な暮らしや教育の充実など、幅広い分野にわたっての連携に取り組むことにより、

地域の発展と市民のサービス向上を図ることを目的としています。

 

水戸市でこの協定を結んでいる団体は、弊社で6社目にあたります。

名だたる企業に次いで、挙げられておりました

今までも様々な分野にわたり、水戸市各部署の皆様と連携・協定させていただいております。

今回を機に、更なる結束を深めていきたいと思います!

そして、ヤクルトが得意とする分野は「予防医学」です

さらに、ヤクルトレディ・ビューティーアドバイザーと地域をまわる働くスタッフです

 

私たちは「健康で美しく。免疫ライフ創造パートナー」を目指し、

創始者 代田稔博士が研究開発した「乳酸菌シロタ株」を糧に、

市民の皆様の健康のお手伝いが出来ればと思います。

そして、具体的な連携協力する事項及び連携事業の例としまして

以下のように上げられます。

1 健康増進に関すること

2 安全・安心な暮らしに関すること

3 教育の充実に関すること

4 スポーツ・文化の振興に関すること

5 その他、必要と認める事項に関すること

 

水戸市の「元気な明日を目指す健康都市宣言」に通ずる街としてのサービスの充実を目指すことに、

弊社が少しでもお役に立て、協力できればと思う次第であります。

 

詳しくはこちら

 

以上、ご報告でした。

 

byめんこい

ニュース

3月10日は「水戸の日」!

こんにちは~

本日3月10日は、我らが「水戸(310)の日」ですよ~~!

大好き水戸市~~

 

水戸出身の火曜日担当30歳、

私はこの季節がくると、県立高校入試の結果発表が、

当時の3月10日

受験番号が310番

水戸の高校に合格

した思い出が蘇ります。笑

 

私たち水戸ヤクルトも本社を構えますこの水戸市。

水戸市HPによりますと、2019年4月で市政が施行されてから 130年になるそうです。

水戸郷土かるたでも毎年、年を更新しながら詠まれているのでお子さんたちの方がご存知だったかもしれませんね♪

 

令和2年2月1日現在の水戸市の人口は、269599人。

地方自治法の改正での条件緩和のため、

人口20万人以上の水戸市は令和2年4月1日より、

よりよい街づくりのための「中核市」に移行の予定だそうです。

今までは30万人以上という条件だったそうですが、

今回人口の条件が緩和され、めでたく水戸市も仲間入りというわけですね

この「中核市」への移行によって、簡単に言うと、

よりきめ細やかでスピーディーな市民サービスの実施に繋がる、らしいです。

今後、ますます水戸市が盛り上がっていくことに期待ですね♪

 

参考:中核市移行による効果/水戸市ホームページ

 

 

 

 

 

 

ニュース

水戸市役所様を訪問させていただきました。

みなさん、こんにちは

いよいよ真冬の寒さがやってきましたね

みなさん、カゼなどひいてませんか

身体を温めてどうぞご自愛くださいね

 

さて、水戸ヤクルトでは、先週の水曜日12月4日に水戸市役所様を訪問させていただきました。

これは、水戸ヤクルトが長年続けている「福祉ヤクルト活動」で、

今年も主旨にご賛同いただいた方々からお預かりした「あたたかい善意」を水戸市様に

寄贈させていただきました。

水戸ヤクルトでは、今後も福祉と健康の輪を大きく広げ、

地域の社会福祉活動に貢献できるよう、「福祉ヤクルト活動」を実施させていただきますので、

みなさまのご協力を宜しくお願い申し上げます

by めんこい

ニュース

災害時の情報収集は?

こんにちは。

本日も冷たい雨が降っていますね。

被災地の状況も心配です。

 

さて、本日は災害時の情報収集についての記事です。

皆さんは災害が差し迫ったとき、災害に遭ったとき、

どうのように情報を集めますか?

今日は水戸市の災害時の情報発信手段を例に、

どのようにして情報を集めたら良いかをご紹介します。

 

 

水戸市の災害時の情報発信手段について

被災地周辺の情報が水戸市によって周知されるサービスがあります。

リンク先がある場合はタイトルをクリックすると先に飛べます。

 

水戸市ホームページ

災害発生時には、トップページの最新情報の欄に災害情報が表示されます。

台風被害後の10月25日(金)現在では、

台風被害により被災された方へ必要な情報が一覧となっています。

 

水戸市メールマガジン

事前登録が必要になります。

利用を希望する内容のチェックボックス内の「災害」にチェックを入れてください。

 

水戸市公式ツイッター

アカウント:@kouhou_mito

ツイッターに登録されていない方でも閲覧可能ですが、

ご自身でツイッターアカウントを取得し、フォローすれば、災害時に情報が自動配信されます。

 

ラジオ放送

水戸市ではFMぱるるんとの連携を強化し、災害時には水戸市からの情報提供を強化し放送してくれるそうです。

また、茨城放送からも情報を発信してくれます。

 

FMぱるるん:76.2MHz

茨城放送

FM水戸局:94.6MHz 

AM水戸局:JOYF 1197kHz

 

その他、広報車・防災無線・エリアメール等で災害時の情報が共有されるとのことです。

こちらの情報は水戸市ホームページより抜粋させていただきました。

災害時は様々な事情でテレビ等での情報収集が困難になってしまう場合があります。

予め情報収集の仕方を知っておくことで、いざというときに慌てずに必要な情報を取得することができますね。

今後災害時の情報収集の一環としてぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

また、離れたご家族・お知り合いの方が水戸市に住んでいて状況が気になる、

といった方も、より細かい地域の情報の収集にご活用いただけるかと思います。

 

筆者個人の感想になりますが、

私は水戸市のツイッターを利用し、とても便利だなと思いました。

給水に関する情報

罹災証明に関する情報

避難所に関する情報

といった、必要な情報が端的な言葉で表されていてとても見やすいです。

ぜひご利用の際の参考にしてください。

 

今回は水戸市の情報だけで申し訳ありませんが、

これを機に皆様がお住まいの自治体での情報収集の手段を改めてチェックしてみませんか?

今後も水戸ヤクルトホームページ上で防災などに関する情報も併せて発信していきたいと思います。