免疫ライフのすすめ

お肌にも乳酸菌シロタ株

乳酸菌飲料「ヤクルト」から、
化粧品があること、ご存知でしたか?

今から80年以上も前、「予防医学」をテーマに微生物の研究を続け、医師を志していた代田稔は「乳酸菌 シロタ株」の強化培養に成功し、やがて医学博士となりました。「おなかに良い乳酸菌はお肌にも良いのではないか…」なんと、お肌にも効果があることを発見し、ヤクルト化粧品が誕生しました。ヤクルト独自のこのような考え方は、乳酸菌研究を通じて、「肌・体・心」トータルの健康をまもり、「健腸美肌」と呼ばれ、多くのお客様に愛され続けています。

S.E.(シロタエッセンス)

多数の乳酸菌株の中からヤクルトが選び抜かれた乳酸菌で、ミルクを発酵させて得られる保湿成分です。お肌本来のうるおい成分である天然保湿因子とよく似ているため、お肌によくなじみます。
※1つの成分で5つのチカラをもっています。
(保湿作用・抗酸化作用・pHコントロール作用・肌ストレス保護作用、抗糖化作用)

ヤクルトのビンを洗う人の手がスベスベだった!?「ヤクルト神話」

「ヤクルト」がまだビンで売られていた頃、回収された容器は人の手で洗われていました。長時間の水仕事にもかかわらず、ビンを洗っていた人の手は、あれたり、ひび割れたりすることなく、驚くほどしっとりなめらかと話題になりました。
これは、乳酸菌がつくり出す成分が、おなかの中と同じように、お肌をまもってくれたためと考えられています。