社長ブログ

2017/04/01

プロ野球いよいよ開幕

昨日から2017プロ野球ペナントレースが開幕しました。わが東京ヤクルトスワローズ、開幕勝利しました。ありがとうございます。37歳ベテラン石川雅則投手ががんばりました。通算153勝目は現役最多となります。スワローズの歴史の中でも150勝以上は、あの金田正一、松岡弘という大エースしか達成していない大記録です。まだまだいけるぞ石川選手、がんばれスワローズ。

 

2017/01/16

納豆の架け橋

先日、久しぶりに福岡に行ってきました。福岡市内にある納豆専門料理店「博多納豆家 粘ランド」に伺いました。そうなんです、納豆料理専門店がなんと福岡にあったんです。この情報は県会議員の加藤明良さんから教えてもらいました。午前11時半、開店と同時に店内に。迎えていただいたのは、代表の赤木陽介さん。笑顔あふれる好青年でした。まずはごあいさつ代わりに、数あるランチメニューの中からお勧めの納豆海鮮丼を注文。納豆が海鮮丼の上に乗っているのかと勝手にイメージしていたのですが、出てきた丼には納豆の姿はありません。わさびを少し甘めの九州しょうゆにといてかけていただきます。うまい。さすが福岡、魚は絶品です。しかし、納豆はいずこに。ありましたよ、魚の下に。かき混ぜていただきました。え。驚きの隠し味です。納豆がでしゃばらず海鮮の味を引き立てているではありませんか。人生で今まで食べた海鮮丼で間違いなくナンバーワンでした。そして、食後のデザートにさらに!。納豆スイーツの種類がとてもなく多いのです。納豆ティラミス、納豆モンブラン、納豆チョコレートケーキ、、、。数ある中でお勧めの納豆モンブランをコーヒーと共にいただきました。見た目はごく普通のモンブラン。茶色のクリームに納豆かなと思いきや、どこを探しても納豆の出てきません。伺うと、下のタルト生地に納豆が練りこまれていました。クリームはヘルシーな植物性を使用しているため、どうしてもコクがで出にくい、それを補うべくタルトに納豆を練りこみ粘りを出しコク感を補っているとのこと。もう、目からうろこ・顔からほっぺた・財布から小銭を落としながら感激しておりました。料理に使用する納豆はすべてくめ納豆とのこと。納豆といえば水戸。しかし水戸にあっても不思議ではない納豆料理専門店がなぜか博多に。この続きはいずれまた。

2016/09/12

本日、那珂市と見守り協定を締結いたしました。

本日午前中に、茨城県那珂市海野市長と要援護者等の見守り協定の調印式を行ってきました。市長によりますと、那珂市は現在高齢者が約1万6000名おり、総人口に占める割合が約29%とのこと。昨年は400名出生し800名が亡くなっているそうです。那珂市は水戸のベッドタウンでもあり比較的若いまちの印象がありましたが、着実に高齢化の波は押し寄せているようです。弊社は以前より、那珂市にご協力いただいて、ヤクルとレディがヤクルトをお届けしながら独居老人の安否を確認する『愛の定期便』活動を38年間実施しておりました。様々な事情があり今春その活動は終了しましたが、引き続き当協定を結び、あらためてお年寄り・子どもたちの見守り、お声かけ活動を再開する運びとなりました。実際にはずっと現場では見守り活動は休まず継続しておりました。今後も那珂市の安心安全なまちつくりに少しでも貢献できるようがんばって行きたいを強く思いました。

2016/07/19

県立水戸特別支援学校に図書を寄贈させていただきました。

先日、水戸特別支援学校に図書約100冊寄贈させていただきました。これは、常陽銀行さまが企画された『未来の夢応援債』に応募した内容のものです。常陽銀行様とのコラボで、弊社が指定した県立水戸特別支援学校に寄贈させていただきました。目録を受け取ってくれた高校2年生の女子生徒さんが、たまたま知り合いのお嬢様でもあり、不思議なご縁に結ばれた寄贈式でした。終了後、子供たちがすでに届いている本の周りに集まってくれました。予算の関係で本の購入が最近できなかったとのことで、とても喜んでいただきました。学校には絵本から、エクセル検定の実用書まで幅広く選択していただきました。感謝申し上げます。これからもわずかではありますが、地域貢献を続けてまいりたいと思います。

2016/07/19

広澤克実はおもしろい

先日、もとヤクルトスワローズの4番打者、広澤克実さんの講演会を聴く機会がありました。いやあ、面白かった。久々の抱腹絶倒でした。笑いの中にもピリッとエッセンスが含まれており、いままで聴いた講演会の中でもベスト3に入る内容でした。彼は、野村・長嶋・星野監督という日本を代表する3名将につかえそれぞれの個性を、ホトトギスの句に例えます。野村監督は『泣かぬなら 頭を使え ホトトギス』。長嶋監督は『泣かぬなら 泣くのと代えよう ホトトギス』。星野監督は『泣かぬなら 気持ちで泣かせる ホトトギス』と。それぞれの個性を熟知した絶妙のたとえでした。またそれぞれのエピソードが楽しく、特に長嶋監督の話題は馬鹿受けでした。最後に明大時代の名将、島岡監督のエピソード。これが秀逸でした。内容は?面白すぎて書けません。茨城ご出身でもあり、親近感を勝手に抱きつつ聴かせていただきました。

2016/06/09

やってしまいました

先日ゴルフをやっていたときのことです。腰痛をこらえながらのラウンドでした。8番ホール。腰が限界にきて、両足を踏ん張って思い切りクラブを振ったところ、左腰にぶちっと、かつてない違和感。そう、人生初の肉離れでした。ボールはナイスショット。とても良い感触だったのが今でも覚えています。とたん、左足に都からが入らずあえなくダウン。スタート室から車を呼んでいただき運んでもらいました。腰痛と肉離れとダブル負傷。全治ひとつきのようです。これを機に、肉体改造にかかります。あのナイスショットをもう一度。頑張ります。みなさんもくれぐれもご自愛ください。

2016/04/22

熊本によせて

熊本大震災でお亡くなりになられたかたへ心よりお悔み申し上げます。そして一日も早い復興をお祈りいたします。福岡に17年間住んでいた私は九州が第2のふるさとです。阿蘇、内牧に会社の保養所が当時あり、何度も福岡から通いました。阿蘇の自然が大好きです。あの大橋が崩落した映像を見て体が動きませんでした。5年前に水戸で被災し、実家が半壊状態になりました。今回はそれをはるかに上回る被害が出ています。当時は常に余震が続き強いストレスを感じていました。熊本のみなさん、不自由でつらい日々ですがどうか頑張ってください。必ず余震も収まります。必ず復興します。今回は私たちが応援する番です。みんなで応援しています。頑張ってください。

2016/04/05

第7回げいぶん寄席

先日第7回げいぶん寄席が無事終了しました。今回おかげさまで230名のお客さまにお越しいただきました。いやあ、今回は焦りました。年度末でとにかくあわただしく、ろくに稽古ができていません。全く言い訳にはならないのですが、なんとか仕上げました。実は一人で大声を出せる個室スペースがなかなかあるようでないのです。車、ここは噺に集中すると運転が危険です。家もお隣りを気にしてできそうでできない。そこで今回、初めて一人でカラオケボックスに行ってきました。防音が効き大声は出せるものの、モニター画面が消えないので気になって集中できない。唯一できたのが、早朝の会社のトイレ。朝6時台はさすがに誰もいませんので集中して練習できました。社員がいる時間にトイレで大声だすとヤバイ社長です。当日、完璧ではありませんでしたが、なんとかごまかしました。不出来文はトイレだけに水に流します。

2016/02/29

球春まじか

先日、恒例の東京ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ応援に行ってきました。当日は阪神タイガースとのオープン戦ということもあり、浦添球場は例年にない多くのお客様で一杯でした。特に沖縄は熱烈なタイガースファンが多いらしく、黄色のタイガースユニフォームがスワローズを圧倒していました。タイガース恐るべしです。夜はこれまた恒例の選手たちとの交流会。同じテーブルには、昨年ドラフト5位の山崎晃大朗(やまさきこうたろう)選手。青森山田高校から日本大学に進み、俊足が魅力の走・攻・守バランスのとれた逸材です。新人ゆえ緊張されていましたが大いに期待したい選手です。会場でサイン攻めにあっていたのがトリプルスリーの山田哲人選手。懇親会のすべてをサインに費やしていました。これもヒーローの務め。頑張れ哲人、ガンバレスワローズ。みなさん熱いご声援、今年もよろしくお願いいたします。

月別アーカイブ